広いスウィートエリアと広い反発性能で初級者から上級者まで幅広くサポート。

KAMUI

KAMUI社より

《 TP-501 IRON》の後継モデルが発売になりました!

前作のソフトステンレスから「軟鉄鍛造のS20C」に変更したことにより、

競技志向も方でも満足できるフィーリングと飛距離を両立。

 

粗鍛造を800トンで3回、仕上げ鍛造で1000トンで2回の鍛造を経て洗練。

計5回の鍛造を経て精錬されたヘッドをCNCで加工し、

2ピースポケットキャビティになるようにした贅沢なつくりです。

 

【KAMUI TP-701 IRON】

ヘッド価格 19,000円(本体価格)

 

『重心フロー設計&タングステンウェイト』

ロングアイアンは重心距離を短くすることにより、つかまりを良く

ショートアイアンは長くすることにより、ひっかかりを防止。

ケアレスミスを少なくし、パーオン率を上げます。

トゥ・ヒールに配したタングステンウェイトを変更することにより、バランスを保ったまま長尺化が可能に。

 

《TP-501》と《TP-701》の比較。

ソール幅は短くなり、ショット時の抜けがなめらかに良くなりました。

前作はショット時のソールの跳ねる感じがありましたが、「TP-701」は跳ねる感じが無くなり好印象!

 

「TP-501」に比べ、「TP-701」はフェース側のヒールが高くなったことにより、よりボールを押し込める形状に!

ヒール側が高くなったことにより、グース感は若干強めに見えますが、フェースのトゥ側の輪郭を変えたことにより、違和感なく構えられます。

 

 

実際に打ってみました↓↓

《TP-701 ♯7》

《TP-501 ♯7》

前作よりボールが高く上がり、平均すると5ヤード~7ヤード飛距離が出ますね!

29度というロフト設計にも関わらず、34度のアイアンを打っているのと変わらない打ち出し角が出ました。

 

当店のフィッティングクラブは↓↓

ヘッド:KAMUI TP-701

シャフト:NS.PRO 950GH NEO(R)

 

お気軽にお問合せください。

お問い合わせ内容をご記入の上、送信ボタンを押してください。

 

 

 

 

 

コメント